洋楽ランキング
ここを友達に教える
アニメ動画ランキング

塚地武雅 ランキング!

塚地武雅 All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

自分は映画を最初に見ました、トム-クルーズのハッピーエンドで終わるヤツ..... 何だかなぁ~イカにもアメリカ映画だな  原作日本のライトノベル??  で  amazonにて購入  こちらの方が断然面白いです。  All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) 関連情報

塚地武雅 ミスゴブリンのおとみさん

 過去に、あがた森魚氏が『イミテーションゴールド』というアルバムで、昭和歌謡をリアレンジして、カヴァーしている。その作品と比較すると、懐かしい音楽では共通するものの、この陽気さは、真似できない。 ***レトロポップ*** ミスゴブリンの作品は、一環して、懐古趣味的な、それでいて、派手な面が全面にあり、聴くものを愉快な気分にさせてくれる力を宿している。恍惚な世界に浸りたい方、必聴。 『恋は気分』がおすすめ。「恋は気分なの 気分しだいなの 今を逃したら 死ぬまであなたは 私を奪えない」と歌うmiwaの声を聴いたあなた。片想いの彼女にアタックする勇気が得られるはず。とにかく、メチャクチャ、楽しませてくれる作品だ。    ミスゴブリンのおとみさん 関連情報

塚地武雅 Live Die Repeat: Edge of Tomorrow (Blu-ray 3D + Blu-ray + DVD +UltraViolet Combo Pack)

 トム・クルーズという人は、どんな大物になってもみんながこんな映画が観たいという作品に関わり続けている希有な人です。 特にSFアクション映画は、子どもの頃から大人になってもワクワクドキドキできるジャンルで、本作や「オブリビオン」といったSF作品には無条件に期待感が高まります。 桜坂洋の原作を小畑健が漫画化した作品のクールな展開が好きで、ダラダラと引っ張らず上下刊二冊でまとめ上げた、もの悲しいエンディングもかなり良かったのですが、ハリウッド映画としての本作のエンディングは、これはこれでアリではないかと思います。  映画としての本作の見所としては、まずオープニングのニュース映像から観客を引きつける巧さを感じます。 短時間での地球の現状説明を兼ねながらSF映画としての期待感を盛り上げていきます。 オープニングでのニュース映像によって、これから始まる物語世界を短時間で説明する設定というのは、本作以外にもいくつか見かけますが、それでもやっぱりワクワクしますね。 あっけなく命を落とし、同じ1日を何度も何度もやり直すことになりますが、それを説明的に演出するでなく、とんとんとテンポ良くカット割りしているため飽きがきません。 訓練中にトラックの下をくぐり抜けようとしてタイヤの下敷きで死んでしまい、軍曹から「何というアホだ」と言われるシーンなどは、主人公が死んでいるのに笑ってしまいます。  しかし、いくら死んでもやり直せるとは言え記憶は残ったままなのですから、死ぬ際の痛みや恐怖がどんどん蓄積されて気が狂わないのかと思わなくもないですが、そこはエンタテイメントとして割り切りましょう。 またサイヤ人のように死んで生き返ったら肉体的に強くなるというのではなく、あくまで前回までの記憶をもとに次の行動を考えることができるというメリットしかないので、記憶力がしっかりしていなくてはなりませんし、精神的にタフでなければとても持ちません。 そんなわけで序盤は戦闘から逃げることばかり考えていた主人公が、どんどんタフに成長していく物語でもあるのです。 Live Die Repeat: Edge of Tomorrow (Blu-ray 3D + Blu-ray + DVD +UltraViolet Combo Pack) 関連情報

塚地武雅 All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

テーマはとてもシンプルだ。ボーイ・ミーツ・ガールの典型的な青春小説と言って良い。戦場が舞台だが、これも珍しいことではない。ただ、独特のスピード感があり一気に読ませる。ただ、タイム・ループを舞台装置としているので映像化には工夫が求められるかもしれない。敵は異星人の作ったギタイという一種の開発機械だ。機械といっても自律的に進化する人工生命のようなもの。時空を超えて情報を共有する能力がある。開発機械なので既存の地球の環境は単なる未開の地と同じだ。当然、人類もただの原生生物に過ぎない。彼らの作り主が住みよいように開発するために駆除しなくてはならない。結果、人類とは永らく戦闘状態にある。人類は押されてはいるが、リタの活躍で状況は変わりつつある。だが、兵器の重要パーツを作る日本がギタイの標的となったため、彼女はやってきた。その戦いぶりは爽快感を憶えるほどのすさまじさだ。しかし、普段の彼女の寂寥感はまるでそこだけ日が陰るかのようだ。主人公は初めて戦闘に参加し、リタと出会い、決定的な経験をする。印象としては、一つ一つのセンテンスが短いので辛うじて文体の綻びを回避している、初めはそう思った。読み進めるにつれてそれは初年兵、キリヤ・ケイジの精神的な余裕の有無の反映だとわかった。なるほど、と納得したのは第2章を読了してからだ。読んでいるときはそのことに気が付かないくらい作品の世界に引き込まれた。主人公のキリヤ・ケイジはループの果てにリタとようやくその世界を共有する。そのことが、何を意味するかは、実のところ読む側には早々にヒントが与えられている。第三章の「戦場の牝」がそうだ。リタの寂寥感が何に由来するのか。同時にキリヤ・ケイジとリタの行く手に何が待っているかが暗示されている。最終章である第4章は戦いの決着がつくと同時に主人公のこれからが描かれる。しかしそれが、ギタイ以上に厄介な人間社会の作った別のループにとりこまれることだった。最後にリタの作った冷めきったコーヒーを飲み干す姿はみぞおちの下に痛みの錯覚を憶えさせる。さて、本作が日本でアニメ化されずハリウッドで映画化されたのはなぜだろう。一つには、タイム・ループという舞台装置が原因かもしれない。タイム・ループ物では細部の異なるほとんど同じエピソードが繰り返される。かつて涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレス8でそれをやって大顰蹙を買った。タイム・ループの始まりとその過程、そしてその脱出という構成だが、過程の部分をうまく処理しないと冗長なだけになってしまう。あれは涼宮ハルヒの憂鬱というアニメ作品の寿命を大きく損なう事件だった。同じ轍を恐れるのは誰でも同じだろう。本作のタイム・ループは三桁に及ぶが巧みに端折られている。それが良かったのかもしれないし、同時に映画に向くつくりだと思う。だが、願わくば、OVAなどで日本のどこかのプロダクションが手掛けてほしかった。それから、いろいろと未回収の伏線があるのも、読む側にとっては楽しみな作品といえる。ハリウッドは結構、良い鉱脈を発見したのではないか。 All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) 関連情報

塚地武雅 歌謡今昔物語

渚ゆう子と渚ようこを共演させてしまうなど、なかなか他にはない素晴らしいラインナップだと思います。今の時代に昔があり、昔の作品にも今風があるというコンセプトも素晴らしいです。ただ、やはり昔の音は音質などで限界がありますし、最近の音はどうしてもデジタルな作りになっていますので、あまりに混ぜこぜにしないで、前半と後半に分けるとかしてもらえれば、いっそういいと思います。あと、その方がこちらも想い出にひたれますし。でも、全体的にはいい選曲だと思います。 歌謡今昔物語 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
ギャルランキング