iPhoneランキング
ここを友達に教える
ゲーム動画ランキング

仙台育英 ランキング!

仙台育英 オクトボーン

トロンボーンの巨匠ミシェル・ベッケと彼の弟子たちによるトロンボーンアンサンブル。8本のトロンボーンでオクトボーンというあたりが洒落てます(曲によりチューバ、打楽器が加わります)。曲のほとんどはベッケがリード奏者を務めています。美しく甘い音色に、繊細なピアニッシモ。果たしてベッケ以外にこの音を出せる人がいるのでしょうか?彼の弟子たちにも注目です。全員がフランスの主力オーケストラに所属しており、第一線で活躍しています。高い個人技に加え、師弟関係から得られたハイレベルなアンサンブルが楽しめます。この一枚は、ミシェル・ベッケがフランストロンボーン界において優れた演奏家であり、また優れた教育者であるということを証明しています。個人的に気に入ったのは不思議な雰囲気が漂うトロンボーンのためのアンサンブル曲「バルカン組曲」とベッケらしい遊びが入った「ウェストサイドストーリー」でした。蛇足ですが、メンバー全員がフランストロンボーン「アントワンヌ・コルトワ」を使用しています。フランスで最もメジャーなメーカーであり、パリトロンボーン四重奏団が使用したり、「ベッケモデル」が存在するほどです。日本でいうヤマハでしょうか。ここまで「フランストロンボーン」にこだわったCDは他にはありません。ベッケ率いるトロンボーンサウンドがどんな物かをぜひ味わってください。
オクトボーン 関連情報

仙台育英 オールド・フール・バック・オン・アース

 フランス出身のミュージシャンの、’83年発表作。 2枚組のコンセプト・アルバムで、MICHAEL BODDICKER、CHESTER THOMPSON、MARTY WALSH、ABRAHAM LABORIELらといった豪華ケスト・ミュージシャンが参加している上、全編にオーケストラがフィーチャーされているという壮大な大作である。 Disc1では、ソウルフルな味もあるジャズ色の濃いアレンジが施され、小粋でポップな装い。一方Disc2は、若干シリアスな雰囲気が漂っており、ロック色の濃い少々ハードな演奏が散見できる。 全体的には、ポップな楽曲をオーケストラによって描かれた、シンフォニックで優雅かつ甘美な世界が構築されている。 特筆すべきは、そのアレンジの巧妙さで、クラシック、ジャズ、ロックというジャンルに加え、フランスらしい御国柄が、散漫さもなく自然に溶け込んでいる。 その作りはいたって上品だが、もう少し大胆さがあっても良かったと思う。 けれども、これだけの大作を肩肘張らずにさり気なく聞かせてくれる作風はとても貴重だし、それ故聴き応えを感じさせる独創性がある。 オールド・フール・バック・オン・アース 関連情報

仙台育英 Michel Colombier

1979年レコード発売当時、Michel Colombierなんて全く知らなかったが、参加メンバーがすごいので、それだけの理由で買った。彼はフランスのアレンジャー・作曲家で映画音楽やこのアルバムのようなフュージョンもやってたらしい(2004年にガンで死去とか)。11.Autumn Land は彼のピアノソロ。豪華な参加メンバー名を並べていると長くなるのでやめるが、演奏が非常に印象的なのは、なんてったって Jaco Pastorius (b) と Larry Carlton (g). 日本版の方は「ミシェル・コロンビエ・フィーチャリング・ジャコ・パストリアス」というアルバム名にしていたようで、それくらい Jaco のベースが活躍している。それ以外のメンバーも実力者揃いなので、何れも素晴らしい演奏の数々。全体的にメロディーが気持ちいい。中古は買わない主義なのに買ってしまったが、昔聴いていたレコードとは一味違った高品質(remastered)で大満足。特に 9.Spring のメロディーとギターとベースが何年経っても心に染み付いていて、是非もう一度CDでちゃんと聴きたいという思いだった(感涙;-)。なお、3.Dreamlandは "The Essential Jaco Pastorius" でも聴ける。Jacoももうこの世にはいない。 Michel Colombier 関連情報

仙台育英 パンク・ジャズ: ジャコ・パストリアス・アンソロジー

2003年リリース。『肖像』『Word of Mouth』『Twins』をはじめ『The Early Years Recording』など幅広く網羅したオムニバス盤である。初出は最初の2曲のみ。

ジャコの死後のアルバムというのはこうした事実上同じアルバムを再編集したものとか(例:『Portrait Of Jaco The Early Years』・『The Early Years Recordings』・『The Early Years Recordings (+Figure)』)、タイトルは同じでありながら微妙に中身を変えているものとか(例:『レア・コレクション』)、既発の組み換えによるオムニバスとか、わざと分かりづらくリリースされている感じがする。

この初出の2曲。特に最初のホーム・レコーディングによる『Chicken』は聴く価値が充分にある。『テスティング、テスティング・・』と録音機器の調子を試しながら始まるこのトラックは、名曲『Chicken』がどのように出来上がっていったかを知る意味でも非常に興味深いトラックだ。

ただ、他のレビューアの方も書かれているように『効率』という点では極めて悪いアルバムである。あるミュージシャンの全トラック・全アルバムを集めるとなると最後はどうしてもこういったことにぶつかるのはやむを得ないのだろう。コレクタは最初の2曲だけのためにこのアルバムを手に入れるのだ。 パンク・ジャズ: ジャコ・パストリアス・アンソロジー 関連情報

仙台育英 【5000枚限定】ゴールデン・チャイルド《3枚組》

エディ マーフィーが人気者だった頃の作品です。 エディ マーフィー作品のスコアと言えば、「ビバリーヒルズ コップ(1)(2)」の ハロルド フォルターマイヤーや、「48時間」シリーズのジェームス ホーナーなどがいますが、「48時間」のサントラは発売されてますが 「ビバリーヒルズ コップ」のスコアは発売されているのでしょうか? 残念ながら私は確認 出来ていません。で その次辺りに来るのがミッシェル コロンビエの「ゴールデンチャイルド」ではないかと個人的には思っています。不勉強で申し訳ないのですが、私は今まで ミッシェル コロンビエのCDを聴いた事が有りません。 それで今までの物が どのようであったのか分からないのですが、「ゴールデンチャイルド」は映画本編を観た時と同様 エディ マーフィー独特のノリとも合っていて、シンセ+ブラスとストリングスを使って 軽い感じで 楽しい仕上がりです。 ただ細かい曲が多いのが少々 残念では有りましす。 リジェクテッド盤のジョン バリーの方ですが、バリー後期の「007」の様な やや重めのシンフォニック サウンドです。 私としては それほど悪くは無いのですが、エディ マーフィー的では無いと判断されたのか お蔵入りです。 歌物は懐かしいですが、私には不要なので コレに星1つマイナスです。 【5000枚限定】ゴールデン・チャイルド《3枚組》 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
野球ランキング